葉山ガーデンオンラインショップ・無垢材を使用したオーダー家具の通販

葉山ガーデン公式サイト

オーダー家具や無垢家具を、あなたに

葉山ガーデンオンラインショップ

HAYAMA GARDEN ONLINE SHOP

2018/7/23

木製家具のお手入れはどうしたらいいの?塗装による特徴やメンテナンス方法

みなさんは普段木製家具のお手入れをどの程度行っていますか?例えばテーブルであれば、毎日表面を拭いているでしょう。
でも、ちょっと待って下さい。家具の塗装の種類によって、適したメンテナンス方法が違うのをご存知でしたか?
そもそもテーブルの仕上げ方法に種類があることも知らなかった、という方もいらっしゃるかもしれません。
塗装の違いで家具の質感や触り心地から定期的なメンテナンスの必要の有無まで変わってくるので、木製家具を選ぶ際には仕上げをどうするか、ということはかなり重要になってきます。
ここでは塗装の違いやその特徴、気になるメンテナンス方法についてご紹介いたします。

ウレタン塗装の家具のメンテナンス方法

ウレタン塗装は、ウレタン樹脂で硬い塗膜を作り、木材をウレタンで保護するように仕上げるものです。
オイルなどと違ってプラスチック性の膜でコーティングするので、木製特有の反りや割れが起きにくく、かなり強い塗装といえます。
仕上げ後の触り心地は木の質感というよりも、少しつるつると滑らかに感じられるのが特徴です。
ウレタン塗装は水分も染みこみにくいので水気にも強く、メンテナンスが簡単である点が人気の理由。
通常のお手入れの際は、固く絞った布巾などで拭きます。軽い汚れや飲みこぼしはさっとその場で拭き取って下さい。

セラウッド塗装の家具のメンテナンス方法

メンテナンス

セラウッド塗装は、高強化のウレタン樹脂と超微粒子ファインセラミックを配合した塗料で、ウレタン塗装よりも油・水などの汚れや熱に強く、かつ、木の質感や手触りを損なわないオイル塗装に近い塗装方法で、他の塗装のいいところばかりをぎゅっと凝縮しているのが大きな特徴です。
基本的にはメンテナンス不要といわれる塗装で、紫外線にも強く、日焼けによる天板の劣化を軽減してくれる効果もあり、長期間いい状態で使用することが可能です。通常のお手入れの際は、ウレタン塗装と同じく固く絞った布巾などで拭いてください。

オイル塗装の家具のメンテナンス方法

メンテナンス

オイル塗装とは、名前の通り木の表面を研磨し、オイルを塗って仕上げるもので、しっとりとした木の触感が心地よく、木が持っている風合いや、年数が経ってからの木材の変化を楽しむことができます。
塗装に使うオイルは速乾性のある植物性油が適しています。
葉山ガーデンでは塗装専用オイルを使っていますが、このオイルは食用油がベースなので身体に無害なところもポイントです。
オイル塗装なら、ウレタン塗装やセラウッド塗装と違って、傷つけてしまった場合も家庭のメンテナンスで、ある程度綺麗に戻すことができるのが手軽で大きな魅力のひとつ。
気になる傷は#240~#320のサンドペーパーで軽くこすりオイルを塗れば、比較的簡単に直すことができます。
定期的にオイルを塗り足してメンテナンスする必要がありますが、普段のお手入れは他の塗装と同じく、固く絞った布巾などで拭くだけでOKです。
どの塗装の家具であっても、天板の上に、水滴がついたままのコップや食器を長時間放置しないようにする、ランチョンマットやコースターを使うなど、普段から気を付ける点もありますが、それぞれの塗装のメリットデメリットも含め、メンテナンスや塗装に関する疑問点はお気軽に各店舗へお問い合わせ下さい。

このページの先頭へ

家具・インテリア

コーディネート

シチュエーション

店舗