葉山ガーデンオンラインショップ・無垢材を使用したオーダー家具の通販

葉山ガーデン公式サイト

オーダー家具や無垢家具を、あなたに

葉山ガーデンオンラインショップ

HAYAMA GARDEN ONLINE SHOP

2018/7/20

葉山ガーデンのテーブル選び

ダイニングテーブルの使い方はひとそれぞれ。
一家団欒のお食事はもちろん、お仕事やお子様の勉強場所にも。
毎日つかうテーブルだからこそ、家の中心となり家族の一員として歴史を刻んでいくもの。
お子様の成長とともについた傷も思い出となっていくものです。
そんな一生もののテーブルは、家の中心であってほしいもの。だからこそ慎重に選びましょう。
そんな時、葉山ガーデンのスタッフにお尋ねください。
家族構成、間取り、床の色、建具の色、周り家具の色。お客様のイメージをお伺いしながら家にあったテーブル選びのアドバイスをいたします。
 
ダイニングテーブル
 
まずは、天板の形。
円形、長方形、など形の選び方でお部屋の表情まで変わります。
まず、テーブルと聞いて一番思い浮かべるのが長方形ではないでしょうか。
 
4人掛けなら巾1400~1600 奥行800~850
6人掛けなら巾1800~2000 奥行850~900
 
巾1800あれば、よほど大きくない椅子であれば片側に3脚入ります。
壁に付けて使えるのもこの形のメリットです。
円形のテーブルは座っている人皆が顔を合わせてお食事できるのがよいところです。
壁に付けて使えないため広い場所が必要ですが、圧迫感を感じにくくカジュアルな印象になります。
サイズは6人掛けで直径1200、4人~5人でしたら直径1100くらいが良いでしょう。
 
お食事をする際に必要なひとり分のスペースは巾600 奥行400です。
大人2人が並んだ場合は巾800くらい必要でしょう。
ただし、置く場所の間取りや広さと合わせて検討が必要です。
事前にメジャーで置きたい場所の長さを測っておくとよいですね。
 
ダイニングテーブル
 
その他に、身長式タイプのテーブルは、ご家庭やお部屋のスペースが限られているご家庭に人気です。
葉山ガーデンの伸長式テーブルは、サブ天板が中に収納されていて人数が増えた時にはサブ天板を継ぎ足して巾を広げて使います。
脚も一緒に移動するので、脚が邪魔にならず椅子もしっかり入ります。
設置場所や用途に合わせてテーブルをお選びください。
 
脚の種類もいろいろありますのでそれぞれの特徴をご紹介しましょう。
長方形のテーブルには4本脚と2本脚があります。4本脚ですとお誕生日席(短手方向)にベビーチェアや、来客の場合に椅子を追加することができます。
2本脚ですとお誕生日席に座る方は脚が邪魔になり、座りづらさを感じるかもしれませんが、チェアを後に引かず出入りすることができますので、片側をベンチになさるなら2本脚が使いやすいですね。
 
ダイニングテーブル
 
身体を預けるダイニングチェアもテーブル選びにはとても重要なこと。
テーブルが決まったらデザイン、材、色など、テーブルとの組み合わせを考えながら選びましょう。
見た目も大事ですが、まず座り心地を確かめてみてください。
お一人お一人体型が違うので座り心地もそれぞれです。特に、背の当たり具合、座面の高さなどを確認しましょう。
まず靴を脱いで背もたれにぴったりと背を付けて座ってください。このとき、膝が直角よりも少し前に出るのが理想的です。
テーブルの高さとのバランスは、天板の上から座面までの距離が27~30cmくらいが一番お食事のしやすい間隔です。
 
無垢のテーブルはキズも馴染んできますが、どうしてもお手入れしたいというときは削り直しもできます。 
椅子もメンテナンスしながら永くお使いください。
お困りのことがあったらいつでもお店にお問い合わせください。
 
家族が笑顔になれるダイニングルーム。
そんなテーブルセットを葉山ガーデンはご提案いたします。

このページの先頭へ

家具・インテリア

コーディネート

シチュエーション

店舗